横浜の浮気調査は「あるく探偵調査室」へ、お悩みを解決へと導きます

横浜の探偵【あるく探偵調査室】横浜市の 浮気・不貞・行方不明調査実績No.1探偵事務所

あなたの「明日をあるくお手伝い」横浜の探偵!

24時間365日!! 無料電話相談はこちら0120-073-169

メールでお問い合わせはコチラ

24時間365日!! 無料電話相談はこちら 0120-073-169

メールでお問い合わせはコチラ

新着情報 浮気調査

浮気調査アプリを絶対使ってはいけない理由

浮気調査アプリを絶対使ってはいけない理由

 

浮気調査アプリの概要と機能

 

浮気調査アプリは、パートナーのスマートフォンにアプリをインストールすることで、スマートフォン内のデータを閲覧したりスマートフォンの位置情報を確認したりできるアプリです。ただし、浮気調査を目的として展開されているアプリではありません。本来の目的は、自分が管理しているスマートフォンの盗難・紛失対策、高齢者や子供の見守りなどです。このようなアプリの機能を浮気調査に利用する場合、浮気調査アプリと呼ばれることがあります(この記事では、浮気調査アプリと呼びます)。浮気調査アプリでは、どのようなことをできるのでしょうか。

 

浮気調査アプリの主な機能

浮気調査アプリの機能は製品により異なります。多くの製品に共通している基本的な機能は次の通りです。

 

・位置情報の取得

・電話帳の閲覧

・メッセージの履歴閲覧

浮気調査アプリの主な機能

 

位置情報の取得は、浮気調査アプリをインストールしたスマートフォンの現在地を確認できる機能です。この機能を使えば、パートナーの帰りが遅いときにどこかへ立ち寄っていないか確認できます。もちろん、休日の外出先を調べることも可能です。

 

電話帳の閲覧は、スマートフォンに登録されている電話帳を閲覧できる機能です。この機能だけでパートナーの浮気相手を見つけることはできませんが、他の情報と組み合わせることで浮気相手の候補を絞ることなどはできます。

 

メッセージの履歴閲覧は、スマートフォンで送受信したメールやSNSアプリで送受信したメッセージなどを確認できる機能です。これらを確認できれば、決定的な証拠を入手できる可能性があります。ただし、浮気の証拠になりうるメッセージを、消去しているケースは少なくありません。

 

その他の機能

浮気調査アプリの中には、これら以外の機能を備えているものもあります。具体的な機能は製品で異なりますが、過去の一定期間中に立ち寄った場所などがわかる行動履歴確認、過去の通話相手がわかる通話履歴確認、遠隔操作で写真を撮影できるカメラ操作、遠隔操作で音声を記録できる音声録音などの機能を備えている製品が多いといえるでしょう。高機能の浮気調査アプリを活用すれば、パートナーの浮気に関する情報を集めやすくなります。

 

主な浮気調査アプリとそれぞれの機能

 

浮気調査アプリにはさまざまな種類があります。ここでは、浮気調査に利用されているアプリとそれぞれの機能を紹介します。

 

iCloud

iCloudは、アップル社が提供するクラウドサービスです。すべてのアップルデバイスに組み込まれているため、アカウント設定を行えば簡単に利用できます。iCloudを使用すると、写真などがクラウド上に保存されるためさまざまなデバイスからアクセスできるようになります。たとえば、iphoneの写真を自宅のパソコンから確認するなども可能です。

 

浮気調査に特に有効と考えられている機能が位置情報の共有です。位置情報の共有は、ファミリー共有設定時に位置情報の共有を有効にすることで利用できます(管理者以外は自分の位置情報を共有するか選択)。この機能を有効にすることで、パートナーの位置情報を、自分のiphoneの「友達を探す」や「メッセージアプリ」、自宅のパソコンなどから確かめられるようになります。ただし、設定時にパートナーのiphoneへメッセージが送信される点には注意が必要です。必要に応じて、消去などの操作を行わなければなりません。

 

AirDroid(エアードロイド)

AirDroidは、Androidデバイスを対象とする浮気調査アプリです。最大の特徴は、パソコンからパートナーのAndroid端末を管理できることです。具体的には、ファイルの転送、画面のミラーリング、リモートコントロール、リモートモニタリング、メッセージの共有などを行えます。したがって、パソコンからAndroid端末に保存されている画像を閲覧することやAndroid端末でやりとりされたメッセージを確認すること、リモートカメラ機能を使って周辺の状況を撮影することなどができます。もちろん、Android端末の基本設定を変更することやLINE・SMSの通知をオフにすることなども可能です。非常に強力な浮気調査アプリといえるでしょう。

 

Cerberus(ケルベロス)

Cerberusも、Androidデバイスを対象とする浮気調査アプリです。基本的には盗難防止などを目的とするアプリですが、多彩な機能から浮気調査にも適しているといわれています。具体的には、位置情報を確認することや特定のエリアを出入したときにアラートを受け取ること、遠隔操作で写真撮影・音声録音すること、アイコンを非表示にすることなどができます。SMSでコマンドを送信してリモートコントロールを行える点も大きな特徴といえるでしょう。例えば、SMSで「cerberus password find (password部分に暗証番号を入力)」と送信することでデバイスの位置情報を取得することなどが可能です。Cerberusを活用すれば、浮気に関する情報を効率よく入手できます。また、浮気調査を目的として検索されるアプリの中で検索需要が一番多いアプリでもあります。

 

mSpy

mSpyは、iphoneとAndroidデバイスに対応している浮気調査アプリです。主に子供の見守りなどに利用されていますが、このアプリも多彩な機能を備えているため浮気調査に活用できるといわれています。具体的には、現在位置、訪問場所の確認、発信者情報を含む通話の確認、メッセージアプリの確認、SNSに投稿した内容の確認、スマートフォンに保存されている写真・動画の閲覧などを行えます。パートナーのスマートフォンにアプリのアイコンが表示されない点、パートナーのスマートフォンからアプリが削除されたときに通知を受けられる点も特徴といえるでしょう。mSpyをインストールしておけば、自分のスマートフォンなどからさまざまな情報を入手できます。例えば、LINEのメッセージ、LINEでやり取りしている相手のID、プロフィールなどを確認することも可能です。もちろん、パートナーやパートナーの浮気相手に、mSpyで監視していることはわかりません。

 

スマートフォンにインストールされた浮気調査アプリを確認する方法

 

浮気調査アプリを利用するうえで心配になるのが、パートナーにその存在を知られてしまうことです。パートナーとの関係がこじれてしまうことや離婚について話し合うときに不利な立場に追い込まれることなどが考えられます。利用を想定している場合は、パートナーにばれるリスクを確認しておくべきでしょう。浮気調査アプリは、どのようにばれるのでしょうか。

 

アプリのアイコンでばれる

浮気調査アプリは、パートナーがスマートフォンを操作しているときにばれることがあります。見慣れないアプリのアイコンが、画面上に表示されるからです。あるいは、浮気を疑われていると感じているパートナーが、スマートフォンの画面をくまなくチェックして浮気調査アプリを見つけることもあります。いずれにせよ、インストールした覚えのないアプリのアイコンが、スマートフォンの画面上に表示されることが原因です。浮気調査を警戒されていると、見つかりやすくなるため注意しましょう。

 

アプリ一覧でばれる

浮気調査アプリの中には、アイコンを表示しないものもあります。このような浮気調査アプリであれば、アイコンで存在がばれてしまうことは基本的にないでしょう。ただし、その存在を完全に隠せるわけではありません。アイコンを非表示にしても、設定のアプリ一覧では表示されてしまいます。パートナーがこのことを知っていると、アイコンを非表示にしても浮気調査アプリの存在はばれてしまいます。

 

位置情報を利用しているアプリからばれる

浮気調査アプリの多くは、位置情報を利用します。スマートフォンの現在地などを特定するためです。非常に便利な機能ですが、この機能のせいで浮気調査アプリの存在がばれてしまうこともあります。スマートフォンの設定から、位置情報を利用しているアプリを調べることができるからです。具体的には、iphoneの場合は「設定>プライバシー>位置情報サービス」、Android端末の場合は「設定>ロック画面とセキュリティ>位置情報>アプリレベルの権限」の順で進むことで位置情報を利用しているアプリを確認できます。完全に隠すことは難しいと考えておきましょう。

 

設定ミスでばれる

以上のほかでは、浮気調査アプリの設定ミスで存在がばれてしまうこともあります。代表的な例としてあげられるのが、スマートフォンの通知をオフにしていないケースです。遠隔操作をしたときなどに、パートナーのスマートフォンへ通知が送られるためばれてしまいます。浮気調査アプリを正しく設定しておくことも重要です。

 

違法行為の可能性あり!便利でも浮気調査アプリはおすすめできない

 

浮気調査アプリは、浮気調査を強力にサポートしてくれます。しかし、利用はおすすめできません。その理由を解説します。

浮気調査アプリはおすすめできない

不正指令電磁的記録供用罪が成立する恐れあり

浮気調査アプリは、パートナーにばれないように浮気に関連する情報を収集するアプリです。したがって、パートナーに気づかれないようにダウンロードする必要があります。一見すると問題のない行為に思えますが、本人の許可なくアプリをダウンロードすると不正指令電磁的記録強要罪が成立してしまいます。この罪が成立すると、3年以下の懲役または50万円以下の罰金を科される恐れがあります。実際に逮捕されることはないと思うかもしれませんが、過去には妻のスマートフォンにアプリを無断でダウンロードした夫が逮捕されているため注意が必要です。

 

不正アクセス行為に該当する恐れも

浮気調査アプリを使って、パートナーのSNSにログインする、ロックを解除して写真を覗き見る、ロックを解除してLINEのメッセージを確認するなどの行為を行うと不正アクセス禁止法に違反する恐れもあります。不正アクセス行為に該当すると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金を科されます。いずれも気軽に行ってしまいそうな行為ですが、刑罰は非常に重いものです。浮気調査アプリによる浮気調査は、リスクが非常に高いといえるでしょう。

 

集めた情報を浮気の証拠として使えない

浮気調査アプリで入手した情報は、裁判で浮気の証拠として使えない恐れがあります。違法な手段で入手した証拠は、証拠として認められないことが多いからです。実際のところはケースバイケースですが、リスクを冒して入手した情報を証拠として使えない可能性が高いことは理解しておきましょう。証拠として認められる場合も、浮気調査アプリで集めたすべての情報を使えるわけではありません。主たる証拠として使えるのは、肉体関係を示すメッセージ、動画、音声などに限られます。例えば、位置情報はパートナーのスマートフォンがそのエリアにあったことを示すものであるため、主たる証拠としては活用できません。他の証拠を補助する証拠として活用する必要があると考えられます。

 

 

浮気調査アプリはハイリスク!探偵事務所へ相談を

浮気調査アプリは、パートナーの行動を監視できる便利なアプリです。しかし、パートナーに無断でダウンロードすると、違法行為に問われる恐れがあります。また、浮気調査アプリの使用がばれると、パートナーとの関係悪化も予想されます。ケースによっては、プライバシー権の侵害などで損害賠償を請求されることもあるでしょう。これだけのリスクを冒して情報を集めても、裁判の証拠として使うことは基本的にできません。浮気調査アプリは、大きなデメリットを抱える調査方法です。浮気の証拠が必要な場合は、探偵事務所へ相談しましょう。信頼できる探偵事務所であれば、裁判で利用できる証拠を集めてくれます。もちろん、違法行為に問われることもありません。

 

あるく探偵調査室では、顧問弁護士がいるので裁判で証拠となる調査書の作成が可能です。

証拠にならない要素が多いアプリでパートナーの情報を得るのであれば、確実に証拠を取る方法をお勧めいたします。

まずは、ご相談ください。

あるく探偵調査室

 

 

-新着情報, 浮気調査
-, , , , , , ,