横浜の浮気調査は「あるく探偵調査室」へ、お悩みを解決へと導きます

横浜の探偵【あるく探偵調査室】横浜の探偵事務所 浮気・不貞・行方不明調査実績No.1

あなたの「明日をあるくお手伝い」横浜の探偵!

24時間365日!! 無料電話相談はこちら0120-073-169

メールでお問い合わせはコチラ

24時間365日!! 無料電話相談はこちら 0120-073-169

メールでお問い合わせはコチラ

新着情報 浮気調査

浮気調査を探偵に依頼してバレたらどうなる?

浮気調査を探偵に依頼してバレたらどうなる?

今回は、浮気調査で相手にバレてしまうことがあるのか?バレてしまったらそうなるかということを説明していきたいと思います。探偵事務所に依頼を考えているけど万が一…と思うのは当たり前だと思います。相談をする前にお読みいただくことで調査がしっかり成果がだせるようになればと思います。

 

浮気調査がバレてしまう原因って何?

プロの探偵に浮気調査を依頼すれば、依頼内容にかかわらず、かなり高い確率で調査の目的を達成することができるでしょう。ただ、浮気調査は常に危険と隣り合わせであるということも事実です。通常、浮気調査は秘密裏に行われ、対象者に勘付かれないよう、細心の注意を払って遂行されます。しかし、場合によっては浮気調査が対象者にバレてしまうこともあり得るのです。

 

浮気調査がバレる原因のほとんどは、依頼主の行動によるところが大きいといえます。もちろん、探偵社側に落ち度があるケースもありますが、しっかりしたプロの探偵の場合、素人では気付かないような非常に細かい点にも気を配りながら調査が行われます。そのため、浮気調査の経験が豊富な探偵に依頼すれば、探偵社側から対象者にバレてしまうケースはあまりないといって良いでしょう。

 

一方、依頼主は調査中も対象者と身近に接していることが多いため、依頼主の普段の行動から浮気調査が露見してしまう事例が多く見受けられます。どのような行動がバレる原因になるのか、以下に詳しく見ていきます。

 

(1)普段の生活からバレる

たとえば、依頼主の日常生活の微妙な変化から、対象者が警戒を深めて浮気調査がバレてしまう事例です。浮気が発覚すれば離婚するのだからと急に冷たくなったり、逆に調査がバレないように以前にも増して優しくなったりなど、本人の無意識的な行動や態度が原因で調査がバレてしまうことがあります。態度だけではなく、対象者にかける言葉からバレるケースもあり、調査中は行動や言葉に意識的に注意する必要があるでしょう。

 

(2)調査現場に行ってしまいバレる

浮気する場所の目星が既に付いている場合、依頼主から調査場所を探偵社側に提示することも少なくありません。その場合、依頼主も調査場所がどこにあるのか知っているので、興味本位や調査対象者に対するあてつけなどの目的で、探偵社側に相談せず独断で調査現場に出向いてしまう依頼主の方もいます。しかし、そうした行動こそ浮気調査がバレる大きな原因です。尾行や調査のプロではない素人が現場に行けば、見つかってしまう危険性も高いといえます。ましてや、調査対象者は依頼主本人の顔や背格好を知っているので、探偵以上に見つかってしまう恐れが大きいのです。

 

(3)お金の流れからバレる

お金の動きから調査がバレてしまうケースもあります。特にバレやすいのが、探偵社に依頼料を支払う時です。どのような形で支払うにしても、探偵社に依頼料を払う場合はそれなりに大きなお金が動くことになるでしょう。もし、夫婦共有の口座から依頼料を振り込んでしまうと、調査対象者も振込情報を目にしてしまうかもしれません。明細には振込先の名称まで記載されるので、そこから浮気調査をしていることが露見してしまうことがあるのです。

 

このように、依頼主本人の行動は、浮気調査の成否に大きく関係してくるといえます。浮気調査をしていることが対象者にバレてしまえば、浮気の証拠を掴むことができないばかりか、逆に依頼主側が窮地に追い込まれてしまう危険性もあります。そのような事態にならないように、浮気調査中は依頼主本人も調査に関わっている当事者として、細心の注意を払って行動するべきだといえるでしょう。

 

 

浮気調査がバレてしまう原因

 

浮気調査で万が一、バレてしまったらどうなる?

浮気調査は必ず成功するわけではありません。場合によっては、浮気の証拠をつかめなかったり、たとえ現場を押さえたとしても、証拠として使える現場写真を撮影できなかったりなど、失敗に終わってしまう調査もあることにはあります。そうした失敗の中で特にダメージが大きいのが、浮気調査が相手にバレてしまったケースです。それでは、万が一、浮気調査が対象者にバレてしまった場合、いったいどのような事態に陥ってしまうのでしょうか。

 

(1)浮気の証拠が取れなくなる

浮気調査がバレてしまうと、調査対象者は自分の身辺に警戒網を張り巡らします。対象者に警戒されている状況では、尾行や追跡も難しくなり、証拠を掴むこと自体が格段に難しくなってしまいます。また、自分が調べられているとわかっている状況で、わざわざ浮気相手と逢引するような人はいないでしょう。それだけではなく、浮気相手とのメールを消したり、写真や履歴を削除したりなど、それまで残っていた浮気の証拠を抹消されてしまうことも考えられます。このように、浮気調査が対象者にバレてしまったら、浮気の証拠を取るチャンスが大きく減ってしまうのです。

 

(2)民事責任や刑事責任に問われることも

探偵による調査は必ず法律に基づいて行われなければならず、もし探偵が法律に背くような方法で調査した場合、その探偵だけではなく、依頼主も同様に責任を問われることになります。たとえば、浮気相手の住居に無断で入るような調査を行えば、刑法上の住居侵入罪に問われることになるでしょう。もちろん、そうした行為が探偵社の独断で行われたのであれば、依頼主には責任の及ぶところではありませんが、依頼主も同意または知り得た状況下で違法な調査が行われていた場合、依頼主にも民事上の不法行為責任が及ぶ可能性があります。浮気調査がバレるということは、こうした違法行為も露見することになるので、違法な浮気調査を行っていた場合は、民事責任や刑事責任を問われることになります。

 

もちろん、しっかりした探偵事務所であれば、違法行為に基づく浮気調査が行われることはまずありません。尾行や追跡中に他人の私有地などに無断で入った結果、周辺住民から通報され、それが原因で調査がバレてしまうことなどもあります。浮気調査の成否は、依頼する探偵事務所にもかかっているので、後で思わぬトラブルに巻き込まれないためにも、探偵事務所選びは慎重に進めるべきでしょう。

 

(3)夫婦関係にも亀裂が

不貞の証拠が掴めていない状況で浮気調査がバレてしまうと、夫婦関係にも大きな亀裂が生じてしまいかねません。探偵を付けられたほうは、自分が調査されていることを知って憤慨するでしょう。あるいは、信頼が裏切られたという理由で、相手から離婚を申し出られてしまうこともあり得ます。そうでなくても、別居を余儀なくされれば、夫婦関係の破綻という認定をされ、慰謝料なしで離婚という事態にもなりかねません。たとえ自分に浮気を許す気持ちがあったとしても、浮気調査がバレて夫婦関係に亀裂が生じていれば、修復も困難になる恐れもあるでしょう。

 

浮気調査がバレれば、こうしたリスクを一身に背負うことになります。バレないように自分でも細心の注意を払うのはもちろん、信頼できる探偵事務所に調査を依頼することがリスクを軽減する大きな要因となるでしょう。万が一、探偵社側の不手際で浮気調査がバレてしまった場合は、調査を中止したほうが得策です。

 

調査を中止する場合、費用は返金されるのが一般的ではありますが、返金保証を受けられるかどうかは探偵事務所との契約によって異なります。優良な探偵事務所であれば、調査が失敗に終わったときのリスクマネジメントやアフターケアなども充実しているものです。もちろん、そうした失敗や不手際が起こらないように、事前の計画からしっかりと打ち合わせを進めているので、やはり相談の段階から依頼者がきちんと見極めていくことが大切でしょう。

 

調査でバレないためのポイント

 

浮気調査には常にリスクが伴うものではありますが、調査のプロである探偵事務所は当然バレない対策を取って調査を遂行しています。探偵事務所に浮気調査を依頼する際は、その事務所がどのような方法で調査を行っているか、事前相談の段階でしっかり確認しておくことが重要です。たとえば、浮気調査は通常、単独ではなく複数の調査員で尾行を行います。

 

プロによる尾行は、単に物陰に隠れながら対象者の後を付いていくといった類のものではありません。一般の人や街に溶け込みながら、対象者を付けていくというものです。しかも、単に後を付けるだけではなく、記録や撮影をしながらの尾行となります。その分、対象者を見失ってしまうリスクも高いため、複数のスタッフで尾行するのが一般的なのです。

 

また、複数で尾行することで、対象者に尾行がバレてしまいそうになっても、調査員を交代させることでリスクを分散させることができます。つまり、複数人での調査は証拠を掴むチャンスを拡大させるだけではなく、バレるリスクを減らすための有効な対策でもあるということです。その意味では、浮気調査における調査員の人数は、事前相談の際に特に確認しておきたい事項のひとつだといえるでしょう。

 

尾行のテクニックだけではなく、プロが行う調査ではバレないためにさまざまな工夫が施されています。調査を行うスタッフはバレないようにメガネや帽子などで変装することが多いですが、変装することでかえって目立ってしまい、対象者の印象に残ってしまうことも考えられます。そのため、過度な変装をするというより、現場に即した服装をすることが調査でバレないポイントのひとつです。浮気調査で重要なのは、対象者の印象になるべく残らないようにするということです。現場に即した服装を心がけることもそのひとつであり、加えていえば、調査中は対象者となるべく目を合わさないようにするのも必要なテクニックとなります。

 

浮気調査では、対象者にバレないように気を付けながらも、ターゲットにどれだけ近づけるかが勝負を分けるポイントになります。浮気の証拠は、GPSの位置情報でラブホテルにいることが確認できたとか、浮気現場の音声を収録したデータを入手しただけでは証拠として扱われません。不貞を証明する決定的な証拠は、主に浮気現場の写真や動画です。そうした写真や動画を撮影するためには、調査対象者に極力近づかなければなりません。非常に困難な作業となるだけに、綿密な計画を練り、チームを組んで調査を行うのがバレないために必要な作戦となるのです。

 

浮気調査を成功させるため

 

浮気調査を成功させるための流れ

 

浮気調査を成功させるためにも、まずは浮気調査の流れをしっかり理解しておきましょう。パートナーの行動に不信を感じたら、自分で調べようとするのではなく、まず探偵事務所への依頼を考えるのが先決です。探偵事務所は浮気調査のプロですから、自分で調べるよりバレずに、高い確率で浮気の証拠を掴むことができます。

 

どの探偵事務所に依頼するのか目星がついたら、とりあえず電話やメールで調査相談の予約を取り付けます。予約の際は相談内容や調査目的をある程度正確に伝えておくと、相談の際によりスムーズに話に入っていけるでしょう。予約を取り付けられたら、指定の場所で面談の席が設けられます。この面談自体は、無料で実施している事務所が一般的です。

 

面談にて依頼の目的や相談内容を伝えれば、探偵事務所側から最適な解決方法の提案と調査料金の提示が行われます。料金体系は各事務所によって異なるので、この段階でしっかり確認しておくことが大切です。また、調査を実際に依頼する場合は、この段階でどのような方法で調査が行われるかも提示されるので、しっかり確認しておきましょう。

 

提示された内容に納得すれば、依頼するかどうかを依頼主が決定します。依頼する運びとなれば、探偵業法に基づいて契約書が読み合わされ、契約の締結に至ります。その後の調査は事務所側に任せることになりますが、調査中は依頼主から調査対象者にバレないように細心の注意を払わなければなりません。

 

調査の進捗とともに、依頼主は経過報告を受けることになります。調査が終了すれば、最後に正式な報告書が作成され、事務所側からの提出を持って調査は完了となります。

 

 

浮気調査の相談窓口

あるく探偵調査室の調査なら

・事前相談から金額を明確にして調査を始めます。

・契約前に明確な計画書のご提出をします。

・リアルタイムに近い形での調査報告をします。

・裁判でも使用できる報告書の作成をします。

横浜 浮気調査 あるく探偵調査室

-新着情報, 浮気調査
-, , , , , , ,