一般社団法人中古二輪自動車流通協会 | UMDA

あるく探偵調査室|横浜駅の探偵事務所 浮気・不貞・行方不明調査実績No.1

あなたの「明日をあるくお手伝い」横浜駅徒歩すぐ!

24時間365日!! 無料電話相談はこちら0120-073-169

メールでお問い合わせはコチラ

24時間365日!! 無料電話相談はこちら 0120-073-169

メールでお問い合わせはコチラ

新着情報

浮気における男女差を考える(2)

「ばらまきたいオス」と「選びたいメス」
しかし、仮に男女の性向が同じで、双方ともばらまくことに懸命だったら、子孫はたくさんできますが、体の弱い個体はすぐに生存競争で淘汰されてしまいます。
逆に双方とも慎重に選ぼうとしたら、生まれてくる個体数は減り、他の生物との生存競において劣位になります。
こうしたオスとメスの性格の違いは、ヒトのみならず他の生物でも、生物進化の過程で自然にできたものだと言えるでしょう。

そう考えれば、男は恋人や奥様というパートナーがいても、街を歩いて綺麗な女性がいると思わず目を奪われるのも納得がいくというものです。
視点を変えて言えば、結婚とは、放っておくと浮気しがちな男を一人の女性につなぎとめる法律的制約でもあるのです。

■浮気における男女差
男のほうが浮気しやすいことは述べましたが、浮気をされたときに感じるショックもまた、男女では大きく異なります。それは、セックスという行為にある物理的・生物的な違いです。
夫が浮気した場合に比べ、妻が浮気した場合は、夫が受けるショックは非常に大きいです。

それは何故かと言うと、妻が浮気したということは、他の男の体が妻の体内に入ることを意味します。他の男を受け入れるわけですから、これは夫からすれば、拭いがたい忘れがたい記憶として残ってしまいます。
これは女性からすれば身勝手なようですが、ばらまきたい男が、あちこちでばらまくのは生物学的に理にかなっているわけです。しかし、選んで受け入れるはずの女性が、他の男を受け入れたという事実は、他の男を体内に受け入れた、他の男に抱かれたと思わせ、さらには男の体液や臭いがまだ残っているのではないかという非常な嫌悪感となって残ります。
これが、浮気やセックスに対する男女間の決定的な違いです。
また女性は、選んで受け入れるという観点から言えば、浮気する可能性は男性よりずっと低いのです。その点から見ても、女性の浮気はあとあとまで夫のキズがなかなか癒えないと言えるのです。

-新着情報
-, ,