横浜の浮気調査は「あるく探偵調査室」へ、お悩みを解決へと導きます

横浜の探偵【あるく探偵調査室】横浜市の 浮気・不貞・行方不明調査実績No.1探偵事務所

あなたの「明日をあるくお手伝い」横浜の探偵!

24時間365日!! 無料電話相談はこちら0120-073-169

メールでお問い合わせはコチラ

24時間365日!! 無料電話相談はこちら 0120-073-169

メールでお問い合わせはコチラ

新着情報 素行調査

反社チェックを無料で行う方法とその正確性は?

反社チェックを無料で行う方法とその正確性は?

 

今回は、反社チェックを行う場合の情報の正確性について説明していきたいと思います。様々な角度を知ることで正確な情報は、どのようにして得られるのか?把握していきたいと思います。

反社チェックとは?

反社チェックとは?という疑問の答えを明らかにする前に、まず「反社」について知っておく必要があります。反社とは反社会的勢力の略で、暴力や威力、詐欺的な手法を用いて金銭的な利益を得ようとする集団や個人を指します。つまり、企業が取引などを行う際に、相手がそうした反社会的な組織や個人ではないかを確認する作業が「反社チェック」です。反社会的勢力は暴力団だけではありません。暴力団とすでに取引をしているなど密な関係にある企業や個人も当てはまります。また、総会屋や、いわゆる半グレと呼ばれる集団に加え、それらと取引をしている企業や個人も反社会勢力と捉えておくべきでしょう。

 

なぜ反社チェックが必要なのか?

さらに、暴力的な要求を行う組織や、法的な責任を超えた不当な要求を行う組織も反社会的勢力と定義付けされます。こうした企業は暴力団などとは一切関係なく経営・運営されていることもあるため見極めは非常に難しいでしょう。しかし、より厳しい反社チェックを行うのであれば、このような行為を日常的に行っている、もしくは過去に行っていた企業も選別していく必要があります。単に反社チェックとはいっても、さまざまな視点や観点から行うべきであると認識しておかなければいけません。

なぜ反社チェックが必要なのか?

これから取引を行う予定や見込みのある企業や個人が、暴力団やその関係者と“間接的に”関わっている組織か否かを判断することも反社チェックのポイントの一つです。直接の取引先企業が反社会的勢力ではなかったとしても、その企業が取引をしている先に暴力団などが関わっていれば、のちのち大きな問題となってしまうかもしれません。入念な反社チェックを怠り万が一そうした関係性を知らずに取引をしてしまえば、自社が暴力団関係の企業とみなされてしまうケースもあるので注意が必要です。

 

コンプライアンス遵守が叫ばれるようになり久しいですが、その中で反社チェックも企業にとって非常に重要な意味をもつようになってきました。前述のように、暴力団やその関係者、さらにはそれらと間接的に関わっている企業などと知らずに取引をしてしまうと、自社も反社会的勢力の関係企業とみなされてしまう危険が生じます。これが、反社チェックが必要な理由の一つです。多くの企業は、そこまでの強い危機感をもっていないのではないでしょうか。知らなかったといえば済む、取引先のさらに取引先など遠い関係であれば問題とはならない、そう考える企業も多いでしょう。しかし、現代ではそのような主張が通用しないケースも珍しくはありません。

 

インターネット、特にSNSの普及により些細な出来事はもちろん、事実無根の噂でさえも瞬く間に広がる時代となっています。もし少しでも反社会的勢力との関わりがあると疑われれば、それがあっという間にSNS等で拡散され、会社の信用は一瞬にして失墜してしまうでしょう。そのような事態を防ぐためにも反社チェックを行い、はじめて取引を行う企業や組織に関しては慎重に実態を見極める必要があるのです。実際に取引相手が反社会的勢力であれば、「反社チェックをしなかったことが悪い」といった批判もされかねません。事後では、どのような言い訳も通用しないと考えておきましょう。

 

そもそも国や自治体も企業に対して反社会的勢力との関係遮断を求めています。企業が社会的地位や評判を含めた自社の安全を確保するためにも反社チェックは不可欠ですが、国や自治体が企業に対してこうした要求をするのには他にも理由があります。暴力団などに資金が渡らないようにするためです。暴力団なども組織を運営していくためには資金が必要です。反社会的勢力は一般企業を巻き込み、ときに暴力や威力を利用し詐欺的な行為を用いながら資金を調達するケースがみられます。一般企業が反社チェックを行い反社会的勢力と関係をもつことを防ぐことができれば、自然と暴力団などに流れる資金を減らすことにもつながるのです。

 

反社チェックの方法は?

無料でインターネットを使用して調べる方法

では、具体的にどのような方法で反社チェックを行えばよいのでしょうか。最も簡単かつ無料で行える反社チェックの方法は、Googleなどの検索ツールを利用したものです。新たに取引を行う予定のある企業の名称を検索してみましょう。まずは、公式サイトなどから沿革を含めた会社概要を確認。設立年や代表取締役の氏名、事業内容や取引先などに不審な点がないかチェックします。企業名を検索しただけでも、その企業の評判の記載されたサイトなどがヒットするかもしれません。現従業員や元従業員、取引先企業の従業員の口コミなどがまとめられたサイトがあれば確認しておきましょう。

 

また、企業名や代表取締役の氏名などに反社・反社会・暴力団・逮捕・送検・捜査・捜索・指名手配・摘発などのキーワードを付け加えて検索する方法も試してみる価値があります。こうしたキーワードに当てはまる記事やサイトなどがヒットしたら入念に確認を行いましょう。中には、「弊社は暴力団追放運動をしています」など、むしろポジティブな理念や宣言が書かれているケースもあるかもしれません。キーワードで検索をして多くの記事やサイトがヒットしたから問題があるというわけではなく、あくまでも中身を精査して判断することが求められます。

無料でインターネットを使用して調べる方法

インターネット検索による反社チェックで注意したいのは、記事や情報などが出てこなかったからといって、必ずしも相手が反社会的勢力ではないと断定することはできない点です。検索する際に使用するキーワードによっては重要な情報を見落としてしまうこともあるでしょう。例えば、相手企業の社長や会長を含めた幹部に実際に逮捕歴がなければ、仮に反社会的勢力とつながりのある企業であったとしても、インターネットでの検索ではほとんど情報が出てきません。だからこそ、その企業は今でも存続し取引を行うことができているのです。インターネット検索のみで企業の本質や実態が掴めるとは安易に考えない方がよいでしょう。正確性は非常に低いため、あくまでも簡易的な確認作業として行うにとどめる必要があります。

 

また、時間や手間がかかりすぎるというデメリットもインターネット検索にはあります。上記で挙げたキーワードを入力しヒットしたサイトを一つ一つ確認する作業は、いくら時間があっても足りないでしょう。新しい取引先が増えるたびにその作業を行うのであれば、反社チェックのための部署を新たに設けなければならなくなります。この方法での反社チェックは、それほど人の手を必要とするのです。にもかかわらず正確性に欠けるとなれば無料でチェックできる方法とはいえ、あまりメリットのある方法とはなりません。

 

反社チェックサービスを利用する。

インターネット検索での反社チェックに少しでも不安を感じるのであれば、反社チェックサービスの利用を検討してみてはどうでしょうか。反社チェックサービスには、例えば「AlarmBox(アラームボックス)」があります。確認したい企業名や役員名を入力するだけで申し込みが完了。反社チェックを自動化でき、代表者の情報や評判などを調査することが可能です。「リスクモンスター」は、調査対象企業の与信指標を把握できる反社チェックサービスです。リスクモンスターに蓄積された膨大なデータから的確な与信管理を実現。対象企業のリスクの高さを確認することができます。

 

「RISK EYES(リスクアイズ)」は、企業名や代表者名とネガティブなワードを検索にかけスクリーニングを行う反社チェックサービスです。WEBニュース記事や新聞記事などをもとにスクリーニングを行うので、実際に反社会的勢力・犯罪・不祥事などに関与していれば、その情報を知ることができます。利用者は、企業名や人名など対象となる名前を入力するだけでチェック可能です。面倒な手間はかかりません。

 

調査会社に依頼する

さらに入念な反社チェックを望むのであれば、調査会社に依頼する方法も検討してみましょう。反社会的勢力は資金を調達するためには手段を選びません。必要に応じてフロント企業などを設立し、表向きには普通の事業を行っている組織として経営・運営を行い一般企業へと近づいてきます。そのような形で運営されていると、実態を把握し見極めることは簡単ではありません。暴力団などとの関係性を暴くためには、さまざまなデータベースや周辺情報を探りながら、その実像をあぶり出す必要があります。そうした作業は一般企業には困難でしょう。そこで利用したいのが専門の調査会社です。

 

調査会社が反社チェックの依頼を受けると、例えば、契約書などに反社会的勢力の排除についての条項(反社条項)を明示し、それに対する反応観察などを行います。もし反社条項の締結を回避したり変更依頼が入ったりすれば、反社会的勢力と何らかの関係性があると疑う必要が出てくるでしょう。インターネットでのキーワード検索や新聞・ニュース等のデータベースと照合する「データベーススクリーニング」も実施。そのうえで企業の基本情報を確認し、どのような業歴や業績、取引実績があるのかを把握します。ここまでは、基本的な反社チェックであり、もしこの段階で問題がありそうだと判断されれば調査会社によって次のレベルのチェックへと進むことになるでしょう。

 

同業者や業界内での評判・噂を収集し、さらに業界団体への問い合わせを行う「風評チェック」が行われることもあります。さらに相手企業のオフィスの場所や周辺環境、入居する建物、同じビルに入るテナントなども調査。これらに加えて、オフィス内の雰囲気のチェックも行います。一般企業が、ここまでの反社チェックを行うことはなかなかできません。しかし、調査会社へと依頼することでこのレベルの調査まではほぼ確実に行い、その結果を報告してくれます。この段階で怪しい点があれば反社会的勢力か、それに近い存在であるとほぼ断定することができるでしょう。

 

調査対象の企業との関わり方によっては、さらに高いレベルの調査が必要になるケースもあります。例えば、M&Aや事業投資など特殊な案件が関わっている場合です。より大きなお金が動く案件や企業の将来が左右されるような事業が関わるケースでは、資料の追加提供依頼などをし、相手側の出方をうかがう必要が出てくるでしょう。もし詳細な会社概要や商品案内の追加提供を拒絶するような企業であれば要注意です。取引を行うことになった流れや相見積もりの有無、紹介者の素性や所属先などを含めた取引開始経緯の再確認も入念に行います。取引条件の再確認も必要となるかもしれません。契約を急かしてきてはいないか、例外的であったり破格の条件を提示してきたりしていないかなどをチェック。こうした条件や内容、対応等を調査会社が確認した結果、通常の取引や提携等とは考えられないと判断されれば、その話そのものの見直しを検討すべきかもしれません。

調査会社に依頼する

ここまで反社チェックについてご説明をしてきました。最近ではインターネットで簡単に情報を調べられる反面、情報の正確性というものが問われてきます。ただし情報なのか?判断に迷うこともあると思います。そんな場合は、信用できる調査会社にご相談ください。情報調査会社Arukuでは、経験豊富な調査員がお客様のご相談に乗らせて頂きます。 また、事務所に行く時間がない、遠方で行くことができない場合は、電話相談も承っております。 ご依頼者様の職場の近くやご自宅の近くに調査員がお伺いしてのご相談も可能です。

 

【情報調査】1案件30,000円~【現地調査】7,900円/1h〜(調査員1名)で安心の価格で対応いたします。くわしくは下記バナーをクリック。

 

企業調査・反射チェック

-新着情報, 素行調査
-, , , ,